大空間のecowinパネル+ecowinエアー採用事例 『鹿屋市体育館』

 

輻射式冷暖房システムecowinパネルとをご採用いただいた鹿屋市体育館の事例をご紹介いたします。

【ecowinパネルとecowinエアーを導入した初の体育館】

2021年に、鹿児島県の鹿屋市体育館に、輻射式冷暖房装置ecowinパネルと、外気処理システム『ecowinエアー スクエア(屋内設置仕様)』をご採用いただきました。

これまで、多くの大空間施設にecowinパネルをご採用いただいた中で、パネルと一緒にecowinエアーの屋内設置仕様の納入は本件が初の事例となります。

ecowinとecowinエアーを組み合わせることで、熱中症対策や三密回避などの課題を解決し、災害時などの避難所としてもご活用いただくことができます。

 



【ecowinエアースクエア(屋内設置仕様)とは?】

現在の空調設備における課題として換気によるエネルギーロス、外気環境の影響という項目を解決すると共に、新型コロナウイルスによる複合的な弊害を総合的に解決する次世代型空調設備です。

外気を温度調節して室内に取り込む事ができ、更に目に見えない空気質に関しても、外気に含まれるアレルギー物質を除塵して空気質の改善が可能です。

設置済みもしくは新設のエアコン配管に直接接続するため、特殊条件なく容易に設置することが可能で、戸建住宅から体育館のような大型施設まで幅広く設置することができます。

全国の体育館では、熱中症対策や三密回避対策において、窓開け換気+エアコンの稼働による電気代の高騰についての大きな悩みを抱えていらっしゃる自治体様が多くございます。

実際、体育館内において、窓開け換気を行いながらエアコンの運転を行った場合、窓開け換気を行わない場合と比べ、電気代が約170%にまで増加するというデータが出ております。

 


ecowinエアーとecowinをご採用いただけることにより

●新鮮空気を加温冷却して室内へ供給するため、温度差による不快さがない。
●除湿ができるため、室内でのカビの発生などを軽減
●抗ウイルスフィルター内蔵でPM2.5や花粉を除塵
●常に新鮮空気を供給するため、換気効果が高い
●給気と排気の位置が離れており、換気効率が高い
●三密回避に貢献し、新型コロナウイルスの感染抑制に寄与

を実現し、快適性の高い空間の維持が可能です。

 

ecowinエアースクエア(屋内設置仕様) スモークマシン実証実験
2021年10月に、鹿屋市体育館にて、スモークマシンを用いた換気能力の実証実験を行いました。
その時の様子を収めた動画が以下になります。

稼働直後より、目に見えてわかる程にアリーナ内の白煙が換気されていき、30分経過時点では殆ど元の綺麗な空気になりました。
業務用のecowinエアーの発売も開始しておりますので、以下のURLより詳細をご確認いただければ幸いです

【業務用ecowinエアー とは】
https://ecofactory.jp/lp_ecowinair_b/

株式会社エコファクトリー
オフィシャルウェブサイトです。
https://www.ecofactory.jp/

お問い合わせ・資料請求