宇土市民体育館の愛称が4月1日より【エコウィン宇土アリーナ】となります。

この度、宇土市と㈱エコファクトリーの間で宇土市民体育館の5年間の命名権(ネーミングライツ)契約を結びました。
宇土市民体育館は、世界初となる大空間施設へ輻射空調システム(ecowin)をご採用いただいた運動施設です。

4月1日より愛称が【エコウィン宇土アリーナ】となり、県内自治体でのネーミングライツ導入は県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)
熊本市民会館(市民会館シアーズホーム夢ホール)に次いで3例目。

災害時には本体育館が避難所として活用されます。

また被災して改修が進められていた武道館もほぼ工事が終わり、間もなく使用が再開され、
こちらにも市民体育館と同様に輻射式空調設備(ecowinハイブリッド)を導入しており
災害時の避難所として活用されます。

宇土市民体育館の先駆的な取り組みが自治体通信に取り上げて頂いています。
http://www.jt-tsushin.jp/interview/uto/

以下宇土市長元松茂樹様のfacebook投稿記事でのご紹介内容になります。

https://www.facebook.com/shigeki.motomatsu/posts/1224204971047020

今後も『ecowinブランド』が波及していくよう、社員一丸となって真心を持って邁進してまいります。

 

29497447_1224204871047030_8310742482495997779_n

29570475_1224204917713692_6906800397250784475_n

29511432_1224204947713689_6665653210564649732_n

お問い合わせ・資料請求